911陰謀論 #53 国への攻撃-イラク

911陰謀論 #52 では、「国への攻撃」の「アフガニスタン」について書きました。

次は国への攻撃のうち、イラクについてまとめたいと思います。

9/11後の国家への攻撃

2003年に米国主導のイラク攻撃は、10年もの間制裁措置ですでに苦しんでいた人々をさらに苦しめました。その制裁措置では数十万人もの乳児が死亡したと非難を浴びていたものでした。クリントン政権の国務長官マデレーン・オルブライトは、1996年5月12日に放映された60分のインタビューで、悪名高い声明で制裁を擁護しました。

レスリー・スタール:私たちは50万人もの子供が死亡していると聞いたことがあります。これは広島で亡くなったよりも多くの子供たちです。そして、あなたはどれほどの価値があるか知っていますか? 
マデレーン・オルブライト:これは非常に難しい選択ですが、私たちはそれだけの価値があると思っています。

2003年に行われたイラク侵攻という販売活動は、2001年9月11日と同じように早く始まりました。その時、ドナルド・ラムズフェルドがブッシュ大統領にイラクの爆撃を検討するよう促したとリチャード・クラークは言いました。このオペレーションは2002年の半ばまでほとんど包まれており、注意はアフガニスタンにシフトしていました。

メインの活動は2002年の秋に始まりました。このとき、ジョージ・W・ブッシュとトニー・ブレアは、イラク侵攻の国民の支持を集めるために、イラクが大量破壊兵器を保有しているという架空の証拠を使用しました。米国は、国際法を無視して、そしてイラクを攻撃することに対抗する世界的なデモを軽視して、先制攻撃という新たな教義を持って、戦争に行きました。占領を確立するのにたった数週間で行われました。

  • 2003年3月20日:米国は、バグダッドをターゲットに「衝撃と畏怖」爆撃で、攻撃を開始します。
  • 2003年4月3日:米軍はバグダッドから10マイルのサダム・フセイン国際空港を占領します。
  • 2003年4月9日:バグダッドが陥落します。
  • 2003年5月1日:ブッシュ大統領は米国の勝利を宣言します。

勝利の米国宣言以来、占領は着実に増加する死亡者数によって特徴づけられています。次の表は、GlobalSecurity.org からのアメリカの犠牲者数と guardian.co.uk からのイラク民間人の死亡者数のデータをマージしたものです。

日付 米国人死亡者数 イラク民間人死亡者数
03 May
37
03 June
30
412-443
03 July
47
375-398
03 August
35
379-405
03 September
30
522-533
03 October
44
469-501
03 November
82
469-484
03 December
40
423-439
04 January
47
466-482
04 February
20
647-663
04 March
50
675-693
04 April
135
338-345
04 May
80
187-206
04 June
42
311-342
04 July
54
245-254
04 August
65
180-203
04 September
76
233-256
04 October
63
292-311
04 November
137
265-300
04 December
66
287-302
05 January
110
428-456
05 February
58
484
05 March
36
240
05 April
84
340-371
05 May
83
652-739
05 June
78
05 July
54
05 August
72
05 September
99


911陰謀論 #54 につづく

参考URL
http://911research.wtc7.net/post911/attacks/iraq/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿